2017~2018年度クラブ活動運営方針

2017年度和歌山南ロータリークラブ会長

2017~2018年度
和歌山南ロータリークラブ
会長 野村 壮吾

テーマ「強く優しい人と組織を作りましょう」

米国カリフォルニア州サンディエゴの2017年国際協議会において、2017-2018年国際ロータリー会長 イアン H.S. ライズリー氏(オーストラリア、サンドリンガム・ロータリークラブ所属)が講演し、持続可能な奉仕というロータリーの目標にとって、環境保護と温暖化抑止が極めて重要であると訴えました。また、次期地区ガバナーに向けて講演したライズリー氏は、2017-18年度の会長テーマ「ロータリー:変化をもたらす」を発表しました。

ロータリーの未来を守る。ライズリー会長エレクトはさらに、2017-18年度地区ガバナーに向け、クラブ会員の男女のバランスを改善し、平均年齢を下げるよう求めました。会長エレクトはさらに、クラブが独自の決定に基づいて活動できると述べた上で、ロータリーの発展と将来を守っていくには、世界的なチームワークが必要であると力説しました。

和歌山南ロータリークラブは、今年で創立57年になります。2640地区の諸問題は、昨年度で一応終結し今年度は当クラブからも地区に沢山の出向者を送り出し、2640地区の再生のお手伝いをすることになります。そのような状況の下、当クラブの会員さん一人一人の役割は大きくなると思われます。

そこで今年は、ロータリアンとして「強く優しく」をテーマに掲げます。会員一人一人のパワーと、それをクラブ組織のパワーとして集約し、地域社会への奉仕活動に繋げていく。クラブ奉仕、職業奉仕、社会奉仕、国際奉仕、青少年奉仕の各分野で担当委員長以下、各会員が各々の持てるパワーを存分に発揮して、活動できる一年間にしたいと思います。キーワードは、「強く、優しく」です。

昨今の国際情勢は、2016年6月のイギリスのEU離脱決議に始まり、2017年1月のアメリカ、トランプ大統領の就任、アジアでは北朝鮮の度重なるミサイルの打ち上げなど自国優先の保護主義が台頭し、先行きが不透明です。国内に目を向けると、2020年の東京オリンピック開催に向けて、景気が回復基調ではあるようですが、少子高齢化による労働人口の減少が今後の日本の成長に対して大きな問題になることは間違いのないように思えます。

人口増加の効果的な特効薬は難しいですが、各種の制度により国内に長期的に定住する外国人の数は、労働人口を補うために今後間違いなく増加するでしょう。それらを想定し、受け入れる側の我々が、早急に物心両面で準備する必要があると思います。

今年度の活動は、「青少年育成」と「地域社会のグローバル化」を具体的な活動として取り組んでいきます。各部門の担当委員長様方、会員の皆様方、上記の主旨にご賛同頂き、今年度のクラブ活動についてご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。以下に各部門の活動方針を掲げます。

クラブ奉仕部門

  1. 会員増強については、純増5名以上を目標にし、女性会員の増強も考えて下さい。
  2. クラブ例会の運営は、会員相互の交流が活発になる様な工夫(着席の入替など)をお願いします。
  3. 出席率については、90%以上の出席率を目標にします。
  4. 入会3年未満の会員の方々を対象に、オリエンテーションを行う。
  5. 親睦行事は、出来るだけ会員手作りで、会員家族の参加が増える企画をお願いします。
  6. ロータリーの友に、本年度も引き続き投稿をよろしくお願いいたします。
  7. 会員卓話には、新入会員卓話を入れるようにして下さい。
  8. 和歌山南ロータリーの奉仕活動を各メディアに取り上げて頂ける様にPRして下さい。
  9. ソング旗の掲示場所は、国歌は左、ロータリー関係のソング旗は右側にして下さい。

職業奉仕部門

  1. 出張例会(職場訪問例会)の企画、開催をお願いします。
  2. 例会卓話で会員の職業奉仕をテーマに卓話を3回以上企画して下さい。
  3. 職業活動表彰について、実際に自分の職業を通じて社会に貢献している個人、団体、企業を選定して表彰して下さい。(特に若者に携わっている個人、団体、企業)

社会奉仕部門

  1. 地域社会のグローバル化の啓発になるイベントの企画実行をお願いします。(地域住民と外国人留学生、外国人勤労者等との交流会など)
  2. 地域社会のグローバル化について卓話をお願いします。
  3. 国土交通省、公共機関の提唱する清掃活動(紀の川清掃)に参加をお願いします。

国際奉仕部門

  1. 姉妹クラブとの交流は、岡山RC、新済州RCとも受入の年になります。
    岡山RCは、11月下旬、新済州RCは、4月下旬の予定です。
  2. 姉妹クラブ(新済州RC)との短期交換プログラムの実施についてご協力をお願いします。
  3. ロータリー財団、米山記念奨学会について理解を深める活動をお願いします。

青少年奉仕部門

  1. 次年度の長期交換留学生の派遣、受入について、クラブ会員のコンセンサス、及び受入準備態勢づくりをお願いします。
  2. 姉妹クラブ(新済州RC)との短期交換プログラムを実施して、本年度は新済州からの受入となります。ご協力お願いします。
  3. 少年野球大会の主催、少年柔道大会の協力をお願いします。
  4. 青少年育成資金の活用をお願いします。
  5. 和歌山市児童養護施設等合同協議会との連携を取り、合同イベントを企画して下さい。

クラブ予算の執行について

各事業について、30万円以上の支出が見込まれる場合は、その事業の企画・予算書を幹事まで提出して下さい。その企画・予算書は、理事役員会にて協議した後、実行に移します。