2013〜2014年度クラブ活動運営方針

和歌山南ロータリークラブ会長
2013〜2014年度
和歌山南ロータリークラブ
     会長 豊田 泰史

本年度方針(2013〜2014)

 テーマ「楽しみはロータリーの中に在り」−楽在其中−

 2013〜2014年度RI会長 ロン.D.バートン氏は、RIテーマを「ロータリーを実践し、みんなに豊かな人生を」と定め、真のロータリアンとして世界をより良くするために最善の努力をすること、それが自身の人生の豊かさにもつながることを提唱されています。

 和歌山南ロータリークラブは、昭和36年4月に創立されて53周年になりますが、現在83名の会員を擁し、「楽しくなければロータリーではない」という標語に象徴されるように、自由闊達な気風の下、有意な奉仕活動を展開して参りました。そのパワーの源は、何と言っても、このクラブに集う会員一人一人にあります。多彩な魅力溢れる会員こそが、和歌山南ロータリークラブの誇りです。

 日本は今、超高齢社会に入り、様々な課題を抱えています。国連総会において障害者に関する権利条約も採択され、障がいのある人もない人も、地域でその人らしく生きていける社会が求められています。国際紛争も今なお多くの地域で発生しています。次年度は、大山年度の活動を踏襲しながら、これらの問題にも関心をもって活動していきたいと考えています。

 会員の皆様のご協力を宜しくお願い致します。

 

基本方針

  1. 「楽しくなければロータリーではない」
    そこから有意な奉仕活動が芽生えてくるのではないでしょうか。会員の和を広げるために、次年度は特に親睦を重視したいと考えます。
    全ての会員が楽しめるような例会、IDM、旅行、各種奉仕活動その他を工夫し、ロータリーファミリーの輪を広げていきたいと考えます。

  2. 高齢者問題・障がい者問題の理解と支援
    「みんなにやさしい和歌山をつくる」という視点に立って、高齢者問題や障がい者問題にも関わっていきたいと考えます。
    これまで当クラブが行ってきた和歌山城活性化事業(ミニホースの寄贈など)に関連して、お城でクラシックコンサートを開催し、みんなにやさしい和歌山をPRしたいと考えます。(今年は和歌山城再建55周年にあたります。−GoGoわかやま)

  3. その他
    国際間の理解と親善と平和の推進、2015年国体への支援、紀南災害への支援、エルトゥールル号映画製作支援等についても引き続き活動していきたいと考えます。
    皆様からの提案事業もお待ちしております。(参加型ロータリークラブへ)

  4. 第2640地区問題
    現在、この第2640地区は混乱を極め、次年度のクラブ分担金(案)も予算(案)もクラブ会長会議で承認されないという異常な事態が起きています。地区の正常化に向けて活動することも、ロータリアンの責務であると考えます。和歌山南ロータリークラブは、地区正常化に向けて引き続き、地区に対し、是々非々の姿勢で対応していきたいと考えています。

【 クラブ奉仕部門 】

  • クラブ例会・IDMは、会員相互の交流が活発になるように運営していきます。
  • 親睦行事は、出来るだけ多くの会員が参加出来るような楽しい企画を考えます。
  • 定款・細則の改正の年に当たります。

【 職業奉仕部門 】

  1. 職業奉仕をテーマにした会員卓話の回数を増やしたいと考えます。
  2. 職業活動表彰は、NPO等の活動を支援している企業活動も対象にします。

【 社会奉仕部門 】

  • みんなにやさしい和歌山をつくるという視点で、お城の動物園とリンクさせて、他団体と協働して、お城のクラシックコンサート(動物の被り物をした演奏会)の開催を考えています。
  • 各委員会それぞれ継続中の奉仕活動がありますが、良いものは続けていきます。

【 国際奉仕部門 】

  • 長期交換留学生の派遣と受入があります。
  • 姉妹クラブとの交流は、岡山RCへの訪問と、新済州RCからの来訪が予定されています。

【 新世代奉仕部門 】

  • 少年野球大会の主催、少年柔道大会・虎伏学園への支援等。
  • その他青少年の健全な育成を支援する事業を検討したいと思います。